×

100均の排水口ゴミ受けでつまりを予防!便利なアイテムを紹介

キッチンの排水口

ゴミが溜まりやすいキッチンやお風呂などの排水口の掃除を、もっと簡単に済ませたいと考えていませんか?

そんな時に便利なアイテムが、排水口のゴミ受けです。排水口のゴミ受けにも使用箇所によって様々な種類があり、安価に購入することができます。

本記事では、100円ショップで購入できる排水口のゴミ受けで、つまりを予防するために有効なアイテムや、なぜ排水口のつまり予防をすべきなのかを解説していきます。

家にある排水口の種類について

お風呂の排水口

家にある排水口は大きく2種類に分けられます。キッチンのように水道がついている排水口と、お風呂場の排水口です。

キッチンとお風呂場の排水口は、排水トラップと呼ばれる構造になっています。これは排水管の悪臭や害虫が上がってこないように考えられたものです。

キッチンとお風呂場での排水トラップは別の仕組みになっていますが、どちらもつまりを起こすリスクがあります。

そのため、排水口にゴミ受けなどを設置し、つまり予防を行うことが大切になってきます

排水口のつまりを予防すべき理由

排水口つまり

排水口がつまってしまうと、排水できない状態になるため水道が使えなくなります。

例えば、キッチンであれば料理や洗い物ができなくなり、溜まったゴミから悪臭が漂うこともあります。

つまりを解消するためには、つまりを起こした箇所を把握して、まずは自分で解消できる問題なのかを考えましょう。

しかし、蓄積された汚れやヘドロを自分で取り除くのが嫌な人も多いでしょう。

自分で解決出来なければ、業者に依頼して来てもらう必要があり、工賃の他に、出張費も加算されて思った以上の支出になりかねません。

そうならないように、日頃から排水口つまりの予防が必要になります。

排水口にゴミ受けを設置すべき理由

お風呂の排水口

排水口にゴミ受けを設置するべき理由は、流れてしまったゴミが排水口のつまりの原因となるからです。

排水口のつまりの原因は2つあります。一つは固形物が中でひっかかり、つまりを起こしているケース。もう一つは、細かいゴミが蓄積してヘドロやヌメリになり、排水管の内部でつまるケースです。

排水口のつまりは、後者が理由になることがほとんどです。なぜなら、細かいゴミが流れてしまうことを完全に防ぐことは不可能だからです。

流れた汚れやゴミは蓄積し、ヘドロ状になって排水の邪魔をします。そのヘドロにさらにゴミが蓄積してつまりを発生させます。

経年と共に排水口はつまりやすくなりますが、予防をすることではるかに排水口のつまりを軽減することが可能です。

排水口にゴミ受けを設置することで、ヘドロを取り除く作業や、業者を呼んで出費がかさむことを防いでくれます

排水口に悩みをもつ方が多いのは、ホームセンターや100円ショップの売り場を見れば明らかでしょう。排水口のつまりを防ぐ優秀なグッズが沢山販売されています。

具体的にどんなグッズが販売されているのか見ていきましょう。

100均で買える排水口つまり予防グッズを紹介

ダイソー

100円ショップでは、排水口のつまりを予防するグッズとして、ゴミ受けをはじめヌメリを防ぐことで掃除の頻度を少なくできるグッズなども販売されています。

商品によって効能が様々なため、ひとつひとつ使い方とメリットを解説していきます。

水切りネット

水切りネットは、キッチンの排水口のゴミ受けとして定番商品で、排水口に流れ込むゴミをキャッチし、捨てやすいように水を切ってくれます。

1パッケージには数十枚から100枚前後まで入っており、サイズも様々なものがあります。

ネットの網目の粗さも様々で、網目が大きければ水は流れやすいですが、小さいゴミまではキャッチしきれません。

網目が細ければ、水が流れにくいですが小さいゴミまでキャッチしてくれます。その分、小さいゴミが網目を埋めてしまい、排水をせき止めてしまうこともあるでしょう。

使う排水口によって、どのようなゴミをキャッチしたいかを考えることで、水切りネットの網目の粗さやサイズを使い分けましょう

排水口フィルター

排水口フィルターは、排水口のサイズにカットされたスポンジがいくつか入って1パッケージになっています。主に、洗面台などの排水口に設置して使用します。

スポンジを排水口につめるだけで、水だけを通し、抜け毛や小さいゴミをキャッチします。

指輪やコンタクトレンズを洗面台に落としてしまうというケースもあるかと思いますが、これがあれば流れていきません

ゴミが溜まったらスポンジごと捨てることができるため、処理も簡単です。洗面所などの排水口にむいている商品です。

ヘアキャッチャー(シリコン製)

ヘアキャッチャーは風呂場の排水口向けの商品で、使用方法は排水口に重ねて置くだけです。

排水口に流れていった抜け毛がヘアキャッチャーの上に集まるので、ある程度溜まったらそのまま捨てることができます。

ヘアキャッチャー本体は、洗って繰り返し使用できるため、コスパに優れたグッズです。

シート状で使い捨てタイプもあり、ゴミと一緒にその都度捨てたいという方におすすめです。

排水口ゴミ受け(金属製)

金属製の排水口ゴミ受けは、ほとんどゴミが出ないような、手洗い場などに向いています。

汚れにくいような場所の排水口にはこの程度の対策でも十分な効果を発揮します。

ゴミが出にくい場所であれば、頻繁にゴミ受けネットの交換自体が必要も無いため、使い捨てよりも長期間使えるものを選ぶのが良いでしょう。

また、購入の際には、必ず排水口のサイズを把握して選びましょう。

排水口カバー

排水口カバーは、排水口にはめる蓋のようなもので、大きな固形物が誤って流れてしまうのを防ぎます。

キッチンの排水口では、ペットボトルのキャップや野菜の切れ端が流れてしまうとつまりを発生させてしまいます。

大きなゴミは下水まで流れていかず、排水管の中のどこかで必ず止まります。排水管の破損や水の逆流を起こさないために、まずは固形物を排水口に流さないということを徹底しましょう。

排水口ヌメリ取り

排水口ヌメリ取りは、排水口に設置するだけでヌメリを予防してくれるグッズです。

ヌメリは排水口つまりを起こすだけでなく、雑菌がわいたり悪臭がしたりする原因となるため、便利グッズを使って徹底的に対策するのがおすすめです。

ゴミの流出を物理的に防いでくれるグッズとは打って変わって、この商品の場合は塩素系の漂白成分が少しづつ流れ出し、排水口のヌメリを予防してくれます。

メーカーによっては様々な成分を配合し、ヌメリを予防してくれているので、配合成分から選ぶことも出来ます。

塩素系の臭いが苦手な方や、安心できる素材を使用した商品なども販売されているので、ニーズに合わせて選びましょう。

排水口ネット(お風呂用)

お風呂場の排水口に流れるゴミは毛髪などが多く、洗い流された皮脂や石鹸カスなどが合わさることでつまりの原因になります。このようなケースでも、排水口ネットが有効です。

髪の毛はネットに引っかかりやすく、そこに石鹸カスなども付着するため、多くのゴミが排水口に流れてしまうことを防いでくれます。

定期的にゴミ受けネットを取り替えるだけでつまり予防をすることができ、掃除の簡単になります。

排水口のゴミ受けを設置する以外のつまり予防法

キッチンの排水口

排水口にゴミ受けを設置することで、つまりが発生するリスクを大幅に抑えることができます。

しかし、それでも水と一緒に油類や細かいゴミが排水口に流れてしまうため、100%つまりを防ぐことは出来ません

ここからは、ゴミ受けの設置と併せて実施したい、つまり予防策をいくつか紹介していきます。

定期的に排水口を掃除する

キッチンやお風呂場、洗面所など、使用頻度の高い排水口ほどこまめに掃除を行いましょう。

例えば、キッチンの排水口の排水トラップは、比較的手入れがしやすいため、週に1回以上を目安に掃除することをおすすめします

具体的な掃除方法ですが、排水口カバーを外すとゴミ受けがあり、それも外すとお椀がひっくりかえったような形のパーツが設置されています。それはワン型(椀)と呼ばれる排水トラップで、ひねると簡単に外すことが出来ます。

ワンを外すと排水管の入口を確認することができるため、台所用洗剤を使って磨いたり、パイプクリーナーを流してキレイにしましょう。

風呂場の排水口も同じく、目皿を外すと排水フィルターがあり、そこで髪の毛やゴミをキャッチしています。排水フィルターを外し、スポンジやワイヤーブラシ、ナチュラル洗剤などを使って磨きましょう。

油汚れを拭いてから洗う

料理に使った調理用具や油汚れのついた食器をシンクで洗う前に、キッチンペーパーなどで拭き取ることで、排水管内部に油汚れが溜まることを防ぎます。

排水口に流れてしまった油汚れは、冷えて固まる性質があります。そのため、固形化した油汚れが排水管の内側でヘドロ状になり、汚れの蓄積を促進させてしまうのです。

油汚れを拭いてから洗うことを徹底すれば、洗い物に使う水やお湯の量も減らすことができ、洗いものの時間も短縮できます。

万が一排水口がつまってしまった場合には

洗面所の排水口

もしも排水口がつまってしまった場合、パイプ用洗浄剤や排水口ブラシなどで改善する必要があります。

100円ショップやドラッグストアでは、以下のようなつまり解消グッズが販売されています。

  • パイプ用洗浄剤
  • 排水口掃除クリーナー
  • 排水口ブラシ

100円ショップでは主に物理的につまりを解消できるグッズを揃え、ドラッグストアでは排水口のヌメリを溶かすパイプクリーナーなどを揃えるのがおすすめです。

排水口のつまり予防で大切なのは、ゴミ受けなどのグッズを使用し、日頃からこまめに掃除しておくことです

排水口つまりによって工事を依頼することになれば大きなコストがかかるため、100円ショップなどでコスパの良い便利グッズを揃えていきましょう。

排水管をきれいに保つコツ

排水口にゴミ受けを設置することで、排水口のつまりが発生するリスクを大幅に防ぐことが出来ますが、それでも小さなゴミを100%防ぐことが出来ないことは先述のとおりです。

しかし、排水口に流れてしまった小さなゴミが、排水管の内部に張り付いてしまわないよう対策することが可能です。

それが、株式会社スリーケーの開発した「排水管洗浄液」です。

排水管は家にある全ての排水口と通じており、細くて長いため人の手でキレイに掃除することは不可能です。

この排水管洗浄液を一週間に一度排水口に流し込むことで、洗浄液に含まれる微生物や酵素が排水管の内部のヌメリを根こそぎ洗浄・除去し、排水管をきれいに保ちます

微生物は排水管の中で生き続けるため、汚れの再付着を防ぎます。化学薬品を一切使用していないため、小さいお子さんや環境にも優しいつまり解消グッズです。

使用を継続することで、長い排水管の奥まで届き、きれいを保つことで悪臭や、ゴキブリの発生を防ぐ効果も見込めます。

排水口にゴミを流さないということと、排水管をきれいに保つことで、今まで以上に排水口のつまりが発生するリスクを抑えることができます。

水回りのトラブルは急に起こるもので、起こってしまうと解決するまで通常の生活はできません。安心して生活を楽しむためにも、排水口トラブルの予防策を実践していきましょう。

まとめ

100円ショップで売られているグッズでも、排水口のつまりをある程度防止することは可能です。

例えば、排水口のゴミ受けやワイヤーブラシなどの便利グッズは、費用に対して効果が絶大です。

排水口のつまりが発生した場合の解決方法を実行するよりも、排水口にゴミ受けを設置するだけでリスクを大幅に抑えることができるのであれば、やらない手はありません。

更に、排水管洗浄液を併用することで排水口のつまりのリスクを抑制できる上に、水回りをきれいに保って安心して生活することが出来ます。

排水口のつまり処理を業者に依頼した場合、工賃だけで1万円〜3万円、さらに出張費が加算されれば予想以上の出費になります。

排水口・排水管環境をバイオの力でキレイに保ちたいという方は、ぜひこの機会に「排水管洗浄液」をお求めください。

▶週に1回排水口に流すだけ!排水管洗浄液のお求めはこちら