×

排水口に虫が発生!虫の正体と駆除の方法や予防策を解説

キッチンの排水口

排水口や水回りで、小さい虫を見かけたことはありませんか?「一匹一匹退治しても、小さい虫が居なくならない」と悩んでいる人もいるでしょう。

その虫、実は家の中で発生している可能性があります。排水口などの水回りで発生して飛んでいるか、排水口の奥の下水から上がってきていることも。

この記事では、排水口に発生する虫や害虫の正体、駆除するための解決策、日頃からできる様々な対策を解説していきます。

排水口に発生する虫の正体

チョウバエ

水回りに発生している小さい虫の正体は、コバエの一種である「チョウバエ」の可能性が高いです。

チョウバエは、油汚れや皮脂汚れ、石鹸カスなどが大好物で、汚れやヌメリが発生しやすくジメジメした場所を好むため、水回りに発生しやすいのです。

窓の隙間や排水溝などから家の中に侵入し、腐敗臭をたどって排水口などにたどり着き、繁殖します。温かい場所も好むので、例えば浴室などでは換気を行い、浴室内を乾燥させることも駆除する方法のひとつです。

チョウバエが卵から成虫になり、産卵するまでのサイクルは20日〜30日と言われています。一匹一匹退治していてもキリがありません。そのため、発生源を突き止めて駆除するのが一番の近道です。

虫は水回りのヌメリが大好き

お風呂の排水口

普段の生活で台所や浴室を使用する中で、日々排水口から汚れが流れ続けていきます。排水口に流れてしまった後はシンクだけキレイに見えていても、排水口の中もキレイにしないと虫や悪臭の発生につながってしまうのです

排水口に汚れが溜まっていると、雑菌の温床になることで虫が喜ぶ環境になったり、下水から悪臭や害虫が上がってこないようにする「排水トラップ」が正常に機能していなかったり、私達人間にとって好ましくない結果を導いてしまいます。

だからこそ排水口をキレイに保つ必要があります。もちろん、排水口を掃除すると同時にシンクの中も掃除しましょう。

ここからは排水口をキレイにして、虫を駆除する方法について解説していきます。

発生した虫を駆除する方法

キッチンの排水口掃除

発生した虫を駆除する方法として、コバエを捕まえるグッズも様々な商品が販売されていますが、一匹づつ退治する方法は焼け石に水になってしまうケースが殆どです。

虫が発生してしまっていても、発生源をキレイにすれば駆除することができます。そのために排水口の構造の解説と、それぞれの掃除方法を解説していきます。

まずはチョウバエ専用の殺虫剤で駆除する

チョウバエ専用の殺虫剤をホームセンターなどで購入することができます。使用する際には、換気を行いながら使用してください。

一匹づつ退治する方法は有効では無いのですが、発生源を突き止めることと同時に、現在発生しているチョウバエを退治する必要があります。

発生源だけをキレイにしても、現在発生しているチョウバエが産卵してしまうと二度手間になりますし、殺虫剤のみでチョウバエの発生を防ぐことはできません

排水口の排水トラップまわりの掃除方法

排水口の排水トラップを確認することでチョウバエの発生源を突き止めると同時に、発生源を除去していきます。

まずはゴム手袋と台所用洗剤、排水口を洗うためのスポンジを用意しましょう。

排水口の蓋を取ると、プラスチック製のゴミ受けが見えます。ゴミ受けも外すと、お椀をひっくり返したようなパーツがついており、椀トラップと呼びます。この椀トラップを左にひねって取り外しましょう。排水管とドーナツ状に水が溜まっているところが確認できます。

椀トラップは、下水側とキッチン側を溜まっている水を挟むことで遮断するためのパーツで、下水から悪臭や害虫が上がってくるのを防ぎます。

外した蓋の表と裏、ゴミ受け、椀トラップの表と裏をしっかりと洗剤とスポンジで洗いましょう。その際に固形物のゴミ等があれば、排水口に流すとつまりの原因になるためゴミ箱に捨ててください。

ドーナツ状に水が溜まっている内部壁面と、排水管のまわりも全て洗いましょう。この周辺についているヌメリが虫の大好物です。ヌメリをしっかりと落とすことで、虫が繁殖できない環境になります。

排水管の掃除方法

虫が発生するということは汚れの蓄積が長期間に及んでいる場合が多いです。そのため、排水管の奥までキレイにする必要があります。掃除方法を簡単に解説していきます。

パイプクリーナーを使用する方法

パイプクリーナーは、次亜塩素酸ナトリウムが主成分で、たんぱく質を分解して汚れを洗い流しやすくする特徴があります。使用する際、液体に触れると皮膚が荒れる原因になるため注意してください。

使用方法としては、ドーナツ状に水が溜まっている真ん中に見える排水管の入り口から、内側の壁に360°まんべんなくクリーナーがかかるように流し込んでください。

必要な放置時間が過ぎたら水ですすいで流しましょう。とても手軽に行える方法ですが、強力な成分ですので必ず取扱説明をご確認下さい。小さなお子さんがいる場合は保管場所にも注意が必要です。

過炭酸ナトリウムを使用する方法

過炭酸ナトリウムは、洗濯の際に柄物や色物の漂白剤として使用されています。強いアルカリ性で、油汚れの分解に優れています。

使用方法としては、排水口に100gほどの過炭酸ナトリウムを投入し、40℃〜50℃くらいのお湯をコップ一杯分注ぎ込み、1時間ほど放置した後に水ですすいで流して下さい。

カビを分解し、除菌効果も見込めるうえ、パイプクリーナーと比べ人体やお肌、嗅覚に優しいのでオススメです

お湯を使用する方法

40℃〜50℃くらいのお湯を洗面器一杯分を排水口に流し込みます。

排水管に使用されている素材である塩ビの耐熱温度は60℃とされているので、それよりも低い温度のお湯を使用してください。熱湯を使用した場合、排水管の破損に繋がるのでご注意を。浴室の場合は、シャワーから直接お湯を流しましょう。

排水管の内側に張り付いた油汚れをお湯でやわらかくし、そのまま流します。雑菌も一緒に流してくれるので除菌効果も見込めます。

人間は40℃くらいのお湯には耐えられますが、虫にとっては熱湯です。発生源の排除については、想像以上に有効な手段です。この方法は新しく何かを購入する必要がないため、気軽に試すことができる方法です。

排水口の虫の発生を防ぐ予防方法

換気扇

排水口の虫の発生を防ぐには、こまめな掃除が一番の対策です。しかしながら掃除ばかりに時間をさくことが難しいと思われる人もいることでしょう。

少しの気配りで掃除の頻度を下げることができますし、虫の発生を防ぐために有効な方法があるので、詳しく紹介していきます。

排水口がある部屋の湿度を下げる

チョウバエはジメジメした場所を好むので、湿度を下げることで繁殖を抑えることができます

例えば浴室であれば、換気扇をまわし続けたり、風呂上がりにすぐにドアを締め切らないでしばらく換気したり、水切りワイパーなどを使用して壁や天井に付着した水滴を払ったりなど、湿度を下げることが有効になります。

キッチンであれば、調理や洗い物をする際に換気扇をまわすことで水蒸気などを部屋に留めないように心がけましょう。

汚れを排水口に流さない

排水口の汚れを蓄積させるものとして一番多いのが、油汚れです。調理器具や食器を洗う際に洗剤と共に油汚れが排水口に流れ込みます。排水口の奥では急激に温度が下がることによって油汚れが固形化し、排水管の内側に貼り付いてしまいます。

固まった油汚れに食べカスなどの細かい生ゴミなどが蓄積し、さらに腐敗することで雑菌の温床になることで虫が繁殖できる環境ができあがってしまいます

そうならないためには、激しい油汚れのある調理器具や食器をシンクで洗う前に、キッチンペーパーなどで拭き取って燃えるゴミに捨てることで、排水口に流れていく油汚れを減らすことができます。

排水口に流れていく油汚れが減れば、掃除する頻度も下げることができるため、キレイな排水口が保たれやすくなります。

排水口で汚れを食い止める

100円ショップやスーパーなどでも売られているゴミ受けネットを排水口に設置することで、細かい食べカスなどが排水口に流れてしまうことを防いでくれます。

さらに、ある程度ゴミが溜まったら燃えるゴミで捨てることができます。毎回拭き取ることと比べれば少しラクができますね。

ただし、ゴミ受けネットに食べカスが溜まった状態で放置すると、そこに虫が沸いてしまいますのでこまめに交換するようにしましょう。気温が高くなる季節はゴミが溜まる度に取り替えることが重要になります。

排水口に流すだけで家中の排水管をキレイにする方法

排水管洗浄液

排水口掃除をしたくても「忙しくて頻繁にはできない」「少しでも日々の掃除を軽減したい」という人には、

株式会社スリーケーが開発した「排水管洗浄液」がおすすめです。

排水管洗浄液を使えば、週に1度排水口に流し込むだけで排水管がキレイになります。排水管ならどこでも使用できるため家中の排管が洗浄対象です。

排水管洗浄液に含まれる微生物と酵素が、排水管の内側にはりついた汚れやヌメリに浸透して根こそぎ剥がしてくれます。

排水口は自分で掃除することができますが、排水管は細くて長い管なので、人間の手も目も届きません。専門業者でないと排水管の奥まで掃除することは難しいでしょう。

週に一度の排水管洗浄液の使用を続けることで、排水管の奥から来る臭いを消臭するだけではなく、バイオの力が排水管の奥の奥まで行き届き、家中の排水管の内側に汚れが沈着しにくくなりキレイを保ってくれます

更に、化学薬品を一切使用しておらず安心して使用することができます。小さいお子さんがいらっしゃったり、敏感肌の方や嗅覚が敏感な方にもとても優しいのでオススメです。

まとめ

排水口や水回りに発生する虫はチョウバエという、コバエの一種です。この虫は温かく、ジメジメした環境を好み、食べカスや石鹸カスをエサにして繁殖します。

特に、掃除の行き届かない排水口が繁殖のための格好の場所です。そこをキレイに保つことで虫を駆除することができます。

排水口は排水トラップという構造になっており、複数のパーツで構成されています。このパーツを台所用洗剤で洗うことが出来るので簡単な対策はすぐに行なえます。

排水口の奥の排水管の掃除については、パイプクリーナーや過炭酸ナトリウム、お湯を流し込むことでキレイにすることができます。

虫の発生を防ぐ予防策としては、汚れを拭き取ることで排水口に流さない方法や、ゴミ受けネットなどを使用することで掃除しやすくすることができます。

さらに株式会社スリーケーが開発した「排水管洗浄液」を使用すれば、週に1度排水口に流し込むだけで家中の排水管を奥の奥までキレイにすることができます。

虫の発生は嫌だけど、毎日排水口の掃除をするほど時間が無い…そんな方にピッタリの方法です。是非一度試してみて下さい。

▶週に1度の使用だけで虫の発生や悪臭を防ぐ「排水管洗浄液」をお求めの方はコチラ