×

排水口の黒い塊の正体は?各場所ごとにお掃除ポイントを解説

キッチンやお風呂の排水口は、汚れが溜まりやすい場所であることからお掃除をこまめに行っているという方も多いのですが、お掃除を怠ったわけではないのに黒い塊が出てきてしまったということはありませんか?

この黒い塊の正体は一体何なのでしょうか?

それは、キッチン、洗面台、お風呂、洗濯機それぞれの排水口で異なります。

お掃除を定期的に行っているという方も、その方法が間違っていたら汚れを落としきれておらず、黒い塊を作り出してしまうことがあります。

それぞれの排水口の基本的なお掃除方法とともに、場所別のお掃除ポイントも把握しておくことで、排水口から黒い塊が出るようなことはなくなります。

この記事では、排水口から出る黒い塊の正体や、場所別のお掃除ポイントを詳しくご紹介します。

排水口の黒い塊の正体が気になるという方、排水口のお掃除方法が知りたいという方は、ぜひ参考にしてみてください。

排水口の黒い塊の正体は?

家の中でもっとも汚れが気になる場所ともいえる排水口は、定期的にお掃除を行っていてもそのお掃除方法によっては黒い塊が現れることがあります。

黒い塊の正体は「カビや雑菌などのバイオフィルム」なのですが、そのバイオフィルムができる原因は排水口の場所によって異なります。

まずは、場所ごとに排水口の黒い塊の正体をご紹介します。

キッチンの排水口

キッチンの排水口に溜まる黒い塊の正体は、油汚れや水垢、雑菌の集まったものです。

バターや牛脂などの油が、加熱しているときは液体で冷たいときは個体なのがなんとなくイメージできる方も多いと思いますが、それらは温度が下がると個体になるだけではなくぬめりを伴います。

また、食べ残しや調理の際に出るじゃがいもの皮、魚の皮などの生ごみをそのまま排水口に流してしまうと、雑菌が繁殖してヘドロのようになってしまうのです。

油汚れや水垢、雑菌が集まることでドロドロとしたぬめりのあるカビが繁殖し、バイオフィルムとして黒い塊になってしまいます。

洗面台の排水口

洗面台の排水口は、髪の毛や水垢、手垢、石鹸カスによってぬめりを引き起こし、黒い塊のバイオフィルムができてしまうことがあります。

洗面台の排水口にバイオフィルムができるおおきな原因は手垢と髪の毛です。蛇口の手垢や水垢が気になってお掃除しているという方は多いのですが、排水口部分にまで手垢は流れていて、さらに石鹸カスと混ざってぬめりを発生させています。

また、水道水が蒸発するときに発生するカスは黒ずみの原因となります。金属成分が含まれている水道水は、手垢や石鹸カスと混ざることでぬめりとして厚く溜まって除去しづらくなります。そこに髪の毛が絡まってしまうとバイオフィルムを助長させることとなるのです。

お風呂の排水口

お風呂の排水口が汚れる原因は、髪の毛、皮脂、石鹸カスなど、洗面台とほとんど同じような原因であることがわかります。

髪の毛は、1日平均で70本前後は抜けるとされていますが、とくに髪の毛が抜けやすいのはシャンプーをしているときです。

毎日シャワーで大量の髪の毛を排水口に流してしまっているということになるため、実はお風呂のあとにヘアキャッチャーを毎回清掃することで、お風呂の排水口のバイオフィルムはある程度防ぐこともできます。しかし、家族が入るたびにヘアキャッチャーを掃除するというのはなかなか難しいですよね。

そんな、髪の毛と皮脂、石鹸カスが混ざり合うことでぬめりが発生し、カビや雑菌が繁殖する原因にもなります。

洗濯機の排水口

実は排水口の中でも見落としてしまいがちなのが、洗濯機の排水口です。

洗剤カスや垢、泥、髪の毛、糸くずなどが洗濯機から水と一緒に排出されているため、それらが混ざり合って排水口が汚れてしまうのです。

排水口が汚れてしまうとそれはバイオフィルムの原因となり、黒い塊として排水口にたまり、排水口が詰まって水漏れの原因になることもあります。

水漏れをしてしまうと脱衣所が浸水してしまうことも考えられるため、定期的なお掃除によって排水口の汚れが少ないうちに対策をすることがポイントです。

排水口の基本的なお掃除方法

場所によって多少異なりますが、排水口は基本的に以下のような方法でお掃除を行いましょう。

    • 1.ゴム手袋をして排水口のカバーを取り外す

    • 2.スポンジでカバーなどを洗う


    • 3.歯ブラシなど細かい部分が洗える道具でゴミ受けを洗う


    • 4.排水口のカバーをもとに戻す

このようなお掃除を週に1回行うのと同時に、過炭酸ナトリウムを使用することで排水管まで綺麗にお掃除することができます。

過炭酸ナトリウムは、酸素系漂白剤の主成分として使用されていて、重曹を熱してできる炭酸ナトリウムと消毒液の成分の過酸化水素を組み合わせて作られています。

自然由来の成分なので体への害も少ないうえに、油を分解してバイオフィルム内の雑菌を除菌できるため、定期的なお掃除にオススメです。

場所ごとの排水口のお掃除ポイント

排水口

基本的な排水口のお掃除は前述した通りですが、場所ごとにお掃除のポイントをおさえて黒い塊を発生させないようにしましょう。

ここからは、場所ごとの排水口のお掃除ポイントをご紹介します。

キッチンの排水口お掃除ポイント

キッチンの排水口は、洗い物をしたらその都度お掃除するのがポイントです。

洗い物をすることで、油汚れや水垢が発生しぬめりの原因となるため、洗い物の最後には排水口のお掃除まで完了させるようにしましょう。

毎日のお掃除には、排水口専用のスポンジや歯ブラシを用意し、食器を洗った台所用の中性洗剤を使用することで、一連の流れとして洗い物から排水口のお掃除まで完了させることができます。

洗面台の排水口お掃除ポイント

洗面台のお掃除には、研磨剤が入っているクレンザーを使用するのがオススメ。

洗面台の陶器よりも柔らかいクレンザーなら、洗面台を傷つけずに石鹸カスや水垢などを落とすことができます。

お風呂の排水口お掃除ポイント

お風呂の排水口は洗い場と浴槽の2箇所あります。ついつい洗い場のほうばかり気にしてしまいがちですが、浴槽の排水口も週に1回は確認するようにしましょう。

浴槽の排水口にも髪の毛が溜まりやすく、詰まりの原因となってしまうことがあります。

洗濯機の排水口お掃除ポイント

洗濯機の排水口は他の排水口と違って洗濯機をどかさなければお掃除できないケースがあります。その場合、一人ではお掃除が困難であったり、そもそもどかすスペースがなかったりします。

洗濯機で排水口が隠れてしまう場合は、最初の設置時に嵩(かさ)上げ部材で隙間を広げておくのがオススメです。

このケースはほとんどの場合がドラム式洗濯機となりますが、ドラム式洗濯機は多くの場合下の蓋を外すことが可能です。

ここから手を伸ばしてホースや排水口、排水トラップを一つずつ外してお掃除していきいましょう。

排水口掃除には「排水管洗浄液」がオススメ!

ここまでご紹介してきたお掃除方法にプラスして、排水管洗浄液を使用すると、排水管の汚れをしっかり落として嫌な臭いを発生させません。

使いはじめは1週間に1回程度のお掃除が必要ですが、その後は2週間に1回程度のお掃除で配管の汚れや臭いを防ぎ、綺麗な状態を保つことができます。

排水管洗浄液は、天然のバイオを用いた洗浄液となっていて、土の中にいる微生物が有用な酵素を生成する力を利用しています。

そのため、強い薬剤による肌荒れなどの心配もいらず、有害なガスを発生させることもないため安心して使用することができるのです。

また、排水管洗浄液は今ある汚れを綺麗にするだけではなく、再付着防止機能によって継続することで新しいぬめりが付きにくくなるというメリットがあります。

排水口に流して4時間以上放置するとより高い効果を得られるため、就寝前や外出前に使用して、家中の排水口を綺麗に保ちましょう。

まとめ

排水口から出る黒い塊の正体や場所別のお掃除ポイントをご紹介しましたが、参考になりましたか?

排水口に黒い塊を発見したら、お掃除の方法が間違っていたり、回数が足りていなかったりする可能性があります。

黒い塊はカビや雑菌などのバイオフィルムであることがほとんどなので、毎日の家事に排水口掃除をプラスすることや、定期的に排水管洗浄液を使用して綺麗な状態を保つことが重要です。

排水口を詰まらせてしまうと、自分では対処できなくなってしまうこともあるため、この記事を参考に毎日のお手入れを見直してみてくださいね。

記事内でご紹介した排水管洗浄液は、安全な天然酵素成分を使用しているため、小さいお子さんがいるご家庭や敏感肌の方でも安心して利用することができます。

排水口のトラブルに悩まされているという方には、汚れを取り除き悪臭の予防もできる排水管洗浄液の利用をオススメします。

この記事をきっかけに、排水管洗浄液の使用を検討したいという方は、お気軽に株式会社スリーケーまでお問い合わせください。

この記事も読まれています